SORACOM, INC

MENU
User Console »

日本初の「AWS IoT 1-Click」対応デバイス SORACOM LTE-M Button powered by AWS

SORACOM LTE-M Button powered by AWSは、日本初の「AWS IoT 1-Click」に対応したボタン型デバイスです。乾電池をセットしたら後は AWS IoT 1-Clickの設定のみで、すぐに使い始めることができます。 ボタンの挙動は、AWS Lambdaを利用することでサーバーの用意なしにコードを実行、パソコンやスマートフォンアプリから設定・管理ができます。ボタンのアクションとして、メールやSMS送信などはプルダウンから選択するだけで設定でき、お客様の実現させたいロジックもプログラミングすることができます(Node.js、Java、C#、Go および Python)。

SORACOM-LTE-M_Button_01.png

SORACOM LTE-M Button powered by AWSの特徴

  • LTE-MのeSIM内蔵なので、通信の設定は不要、セルラー回線ですぐにつながる 
  • 単4電池2本で駆動、電池交換可能 
  • 1、2回クリックと長押しの3アクションを使い分けできる
  • AWS Lambdaと連携、ボタンからメールやSMSの送信だけでなく独自のビジネスロジックも実行可能






Ban_728x90_TechnologyCamp2018f.png





利用シーン

button-usecase01.jpg
商品の発注
オフィスや施設の消耗品切れの通知
button-usecase02.jpg
スマートキーの操作
Web API経由でスマートキーの施解錠
button-usecase03.jpg
ゴミの回収依頼
回収時期を通知して、作業を依頼
button-usecase04.jpg
機器故障時の修理依頼
設置された機器の故障を通知
button-usecase05.jpg
施設のアンケート
お客様の声をボタンで収集
button-usecase06.jpg
配車依頼
病院やレストランなど施設からの配車依頼

製品仕様

  • サイズ:約97×33×14mm
  • 重量:約50g
  • 電源:単4アルカリ乾電池2本(電池交換可能)
  • 通信規格:LTE Cat.M1(LTE-M) eSIM内蔵 ※1
  • アンテナ:内蔵型アンテナ
  • 価格:7,980円(期間・個数限定価格3,980円)※2
  • 購入方法:当社ウェブサイトにて販売中、発送は2018年11月上旬を予定しています。
※1 KDDIのLTE-Mネットワークを利用します。利用エリア情報はこちらから
※2 販売価格には、1年間で1,500回クリックまでの通信料金が含まれます。ソラコムのコンソールから登録することで期間およびクリック回数は自動更新となります。(更新手数料1,200円)


ご購入、利用開始方法

  1. SORACOMウェブコンソールから商品を購入します(SORACOMアカウントをお持ちでない方はこちらから
  2. AWSアカウントを作成します
  3. AWS IoT 1-Clickからデバイス登録をします
  4. AWS IoT 1-Clickにプロジェクトを作成後、デバイスのプレイスメントテンプレートを作成してアクションを設定します。アクションは、予め用意されているLambda関数(SMS送信、Eメール送信)をプルダウンで選択できるほか、任意のLambda関数 (Node.js、Java、C#、Go および Pythonで記述可能)を設定できます。
  5. さあ使ってみましょう! SORACOMアカウントに本ボタンを登録する事で、残りの契約期間やクリック数の閲覧、契約更新が可能です。
start.png
pagetop
pagetop