SORACOM, INC

MENU
User Console »
SORACOM IoT 実践トレーニング(遠隔制御)

本トレーニングはIoTプロジェクトをご検討中/実施中の方で、デバイスへの遠隔制御や操作に関する情報をお求めの方に最適なトレーニングです。

前半はIoTシステムの遠隔制御の必要性や遠隔制御におけるセキュリティの懸念に加えその対応方法、そしてIoTプラットフォーム「SORACOM」を活用した遠隔制御のシステムアーキテクチャを各サービスの特徴別に解説を行います。


後半はシングルボードコンピューターが搭載された Raspberry Pi と SORACOM、各種センサーを利用し、実際に手を動かしながらデバイスの遠隔制御や、クラウドサービスからデバイスへの操作を体験いただきます。

本トレーニングではIoTシステムにおける遠隔制御の必要性やSORACOMのサービスを活用した遠隔制御システム構築方法が説明され、受講者が自身のビジネスのIoT遠隔制御システムの構築に役立ちます。

IoT概要やSORACOMの全サービスの理解を深めるためのトレーニングは別途開催しています。こちらからお申込みください。
お申し込みフォームはこちら
日時 2019年1月29日(火)13:00 - 17:30 (開場12:30-)
会場
東京都港区 赤坂1丁目9番13号 三会堂ビル 8階 ソラコム赤坂オフィス 地図
・溜池山王駅 9番出口(徒歩5分)
・虎ノ門3番出口(徒歩5分)
・国会議事堂前3番出口(徒歩7分)

アジェンダ
遠隔制御の必要性 (13:00 - 13:40)
デバイスの遠隔制御や遠隔監視の必要性をご紹介すると共に、遠隔制御におけるセキュリティの懸念、セキュリティ対応の方法を解説します。

SORACOM が提供する遠隔制御/監視のソリューション(13:40 - 14:30)
実際のユースケースも踏まえた目的別のシステムアーキテクチャを解説します。SORACOM サービスを活用した遠隔制御の方法を各種サービスの特徴別にご紹介します。

下記ユースケースを検討中の方に最適です。
・物理的に離れた場所にあるIoTデバイスに対し
 −インターネット経由で、デバイスの状況をモニタリングしたい
 −インターネット経由で、デバイスを遠隔制御したい
 −IPアドレス指定かつセキュアに遠隔メンテナンスしたい

・なお、以下のSORACOMのサービスについての解説を含みます。
 −データ転送支援サービス SORACOM Beam
 −デバイスLANサービス SORACOM Gate
 −デバイス管理サービス SORACOM Inventory


休憩 (14:30 - 14:45)

実践 IoT ハンズオン (14:45 - 17:30)
Raspberry Pi と SORACOM サービスを使ったデバイスの遠隔操作・制御、クラウドサービスからデバイスへの操作を体験いただきます。
 −SORACOM Gate を利用した SSH 等の IP ベースの遠隔制御
 −SORACOM Inventory を利用したエージェントベースの遠隔制御のセットアップから開発

対象者
  • IoT システムの構築に携わるエンジニアの方
  • IoT デバイスの遠隔操作の仕組みを構築したい方
  • SORACOM サービスを活用した遠隔操作・制御を学びたい方
  • クラウドサービスからデバイスへの双方向通信を学びたい方
  • 物理的に離れた場所にあるIoTデバイスに対し
     −インターネット経由で、デバイスの状況をモニタリングしたい方
     −インターネット経由で、デバイスを遠隔制御したい
     −IPアドレス指定かつセキュアに遠隔メンテナンスしたい
前提知識
  • デバイス、クラウド、特定言語のプログラミングの経験・知識は不要
学習目標
  • デバイスとセンサーを用いたIoTシステムの構築
  • クラウドからデバイス側の操作方法とその利点に対する理解
  • SORACOM サービスを利用したデバイスの遠隔制御/遠隔監視方法の理解
講師
株式会社ソラコム テクノロジ・エバンジェリスト 事業開発マネージャー 松下 享平

株式会社ソラコムの事業開発マネージャーとして主にデバイスの企画を担当しながら、エバンジェリストとして、SORACOMサービスを企業・開発者により理解、活用いただくための講演活動を担当。90年代半ばの地方ISPの立ち上げをキャリアスタートとし、主にインターネットを取り扱ったシステムインテグレーターを経て、2000年よりぷらっとホーム株式会社にて、ネットワークインフラやEC事業を担当。2015年からはIoTソリューションをリードし、メガクラウドベンダーとの協業や、サブギガ/BLEを用いたIoTシステム構築といった業界の先駆的なIoT導入事例に関わる。2017年3月より現職。

matsushita-03.jpg


株式会社ソラコム シニアエンジニア 松井 基勝

株式会社ソラコムで、複数のエンジニアリング領域を担当。
大学在学中より黎明期のインターネットプロバイダの立ち上げや業務システムやゲームソフトウェアの開発を経験。大学卒業後はソニーコンピュータエンタテインメントに入社し、2001年頃に当時としてはまだ珍しい家庭用ゲーム機のオンライン通信ゲーム開発・運用に携わる。その後本格的なオンラインゲームの普及に伴い、大規模オンラインゲームシステムの構築・運用を経験。2010年、米国アマゾンドットコム社のクラウドサービス「アマゾンウェブサービス」の日本国内初のエンジニアとして採用され、様々な企業のクラウドサービス導入を技術支援。2015年、株式会社ソラコムの立ち上げに参画。


SORACOM_Matsui.JPG
受講料
49,800円(税込)/1名様


【ハンズオンキット】*トレーニング終了後にそのままお持ち帰りいただけます
・Raspberry Pi 3 Model B
・USB AC アダプター/ケーブル
・3G USB ドングル AK-020
・Micro SD カード16G
・ブレッドボード ・ジャンパワイヤ(オス - メス)4本
・超音波センサー
・SORACOM Air SIM カード データ通信のみ/ナノ
・SORACOM SIM アダプター
・SORACOM データ通信量クーポン 1000円分

products_ultrasonicsensor_kit.png
持ち物
  • Wi-Fiに接続できるMac OSまたはWindowsのノートPC (Linux の方は申込時にご相談下さい、タブレットでのご参加はご遠慮ください)社用PC等でWi-Fiに接続できないPCをお持ちの方はご自身のPCをお持ちください。
  • Google Chrome インストール済み
  • SSH クライアントのインストール済み
  • クレジットカード(プリペイドカードやデビットカードではご登録いただけません)※ SORACOM アカウント未開設の方は、アカウントを作成していただく必要があります。
請求書払い
  • 請求書払いをご希望の方は、[email protected] に「請求書の宛先」をご連絡下さい。
  • SORACOM の使用料金・基本料金の支払いを請求書でご希望する方は、アカウント作成後にこちらから請求書の切り替え申請をお願いします。切り替えには数営業日かかりますので、お早めの申請をお願いします。
注意事項 お申込み後のキャンセルや返金はお受けできかねますので、予めご了承ください。代理の方が出席されるようお願いいたします。

お申し込みフォーム
ご参加される方は、以下よりご登録をお願い致します。
個人情報の取り扱いについては、SORACOMイベント・セミナー開催における個人情報の取り扱いについてをご確認ください。
pagetop
pagetop